最新の浴室テレビ

最新の浴室テレビは、インターネット環境に接続可能です。Wi-fi接続でDVDやインターネット動画を見るなど楽しめます

浴室テレビを選ぶ際の疑問

どのくらいのサイズがいいのかな?

いろいろなサイズのディスプレイがありますので、ご自身のライフスタイルに合わせて選んでみてください。

BSやCS放送も見れますか?

対象機種を選べば、地上波デジタルのほかBSやCS放送を見ることができます。有料チャンネルも見れます!

工事費はどのくらいでしょうか

リフォームの場合、テレビ本体の代金を合わせて20万円ほどになります。見積もりは必ず取ってくださいね。

ネット動画を見れますか?

Wi-fi対応機種を導入することで、リンクできるDVDやネット動画などを見ることhができます。

リモコンなどは使えますか?

もちろんです。dボタンを使った双方向通信などもできるので、お風呂に入りながら番組を楽しめます。

防水性の違いに注意する

お風呂

お風呂で快適にテレビを見られるように、浴室テレビを購入しようか迷っている方々が注意する必要があるのが、製品ごとの防水基準に違いがあるという点です。防水基準について書かれていない製品を選んでしまうと、水滴が触れるだけでも機器が故障してしまい、画面が映らなくなる可能性もあります。市販品に多いIPX6級と書かれている製品は、水滴などが触れても壊れる可能性は低いのですが、浴槽などに製品を浸けてしまうと壊れる可能性があるので注意が必要です。IPX6級と書かれている製品を浴槽に浸けてしまうと、故障した際の保証対象外になる事が多く、修理費を自分で支払う事になりかねません。IPX7級の浴室テレビは少しばかり値段が高くなる事もありますが、水に浸しても大丈夫なので安心して浴室で使用できます。

バッテリーの容量に違いがある

リモコン

扱いやすさを基準に浴室テレビを選びたい時には、バッテリーの容量が十分にある製品を購入してください。バッテリーの容量が少ないと1回充電を忘れるだけでも、すぐに電源が切れてしまいストレスが溜まる可能性もあります。小型であってもバッテリーが4時間や5時間ほど持続する製品も増えており、自分がお風呂に入った後に家族も浴室テレビを使用するという家庭にぴったりです。解像度が高くてバッテリーが長持ちする製品が理想的だと考えて、カタログで製品の違いをチェックしてください。

ハードディスクも内蔵している

お風呂

録画しておいた動画などを再生したい時にも便利なのが、大容量のハードディスクを内蔵している浴室テレビです。テレビドラマなどを録画したものをお風呂に入りながら視聴しているだけで、便利な買い物をしたと多くの人が実感しています。ハードディスクの容量は製品によって大きく違うので、商品を注文する前に性能の違いを比べておく事は重要です。付属するリモコンの扱いやすさなどを確認しておく事でも、より理想に近い浴室テレビを入手しやすくなります。

広告募集中